Rhapsody in WanNyan

ひょんなことから我が家に来た、マドンナ(ウェルシュ・コーギー・カーディガン)とセイジュウロウ(白猫)、にーにー(白茶猫)の日々徒然です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 昨日のわんこにゃんこ  TopPage  777 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 


回虫とトラウマ

回虫ではないのですが、ふと思い出した私の苦い思い出。
虫画像はありませんが、虫苦手な人は読まないほうが身のためです(笑)








実はあの手の虫が嫌いになったのには理由がありまして。
大きな理由としては「紐みたいな虫は、間違えて食べると大変なことになる」という教育から。
私の住むところは漁業もそれなりに盛んで、あちこちから獲れたてのお魚をいただくことも多いのです。
場合によっては鮮度がばっちりなので、お刺身にすることも多かったりして。
もちろんウマーです。

が。
これに落とし穴があるのです。
魚にも虫がいるんです(笑)
アニサキス(通称アニーw)という寄生虫で、やっぱり回虫目の子です(TT)
見た目にはほとんど一緒ですな。
白身魚なんかには結構くっついてるので、間違えて食べた上に運が悪いとおっそろしい激痛に見舞われます。。。
胃とかの内膜に咬みつかれます。
(とはいっても寄生できないので悪あがき。痛みに3~4日絶えれば虫のほうが死んじゃうとか)
これが割とちょくちょくある話なんですよー。
加熱したり冷凍すれば死んじゃうんですけどね。
生食する地方独特の病気かもしれません。

そんな話を非常に頻繁に聞くので、もちろん危ないマネはしませんよー。
新鮮なものでもお腹の近くは危険キケン!
(まあ普通はすぐに取り除きますから大丈夫なんですが…)



そんなある日。
まだ実家暮らしの頃、母が鮭をもらってきました。
雌だったので腹をさばいて筋子を取り、ほぐしてイクラにして大好きな醤油漬けに♪
1日ほど冷蔵庫に置いてからさあ食べよう♪


…と開けたビンの、イクラの間から見えたのは…アニーでした…o.....rz
うっそおおおっッ!!!Σ(T▽T;)


い、生きてましたよアニー…。
「やあ♪」ってカンジで。
1日醤油に浸ってたのに、全然元気でした。




…あれ以来、私は一度冷凍したイクラしか食べなくなったのは当然のことです…。(´ー)




それが起きたのは確か小学生とか中学生だと思うんですよね。
そして時は過ぎて1~2年前。
またもや我が家で鮭をいただきました。
相当大きい、まさに贈答品クラス。
活きもよさそうでした。
ありがたいことだったのですが、なにせ頂いたのが出勤寸前の朝。
どうすることもできず、ましてや大きすぎて冷蔵庫にも入らなかったので「まあいいや」と涼しそうな玄関に置いて仕事へ行きました。

そして帰宅して、夕食作って(もう別メニューが決まっていた)、やっとの思いで鮭を捌きにかかりました。
(とは言っても私、魚さばくの苦手なんですよね^^;)

まな板にも乗り切らないのでとりあえず真っ二つに。






…お腹が開いた瞬間。

それは想像を絶する状態でした。


なんつーか、開いた瞬間にアニーたちがこぞって出てきちゃったんです…それもすごい数…((((((((((T▽T;)
たぶん変に温かいところで放置しちゃったもんだから、アニーが集まったか増殖しちゃったんですかねえ。。。



大きくて美味しそうで雌で筋子もついててありがたい鮭でしたが。
ごめんなさいして捨てました…。。。
根性ナシの私を責めないで。





…とまあ。
アニーに色々やられているものですから、ある意味私には耐性があったのかも知れません(笑)
とりあえず魚は新鮮なうちに内臓取ってさっさと処理しましょー!(T▽T;)9
刺身は一回透かして見るといいです。
まるっこいひも状のものが見えたら要注意。
つか、アニーごと咬み切ってしまえば大丈夫だそうですが。。。それはちょっと…。。。
スポンサーサイト

<< 昨日のわんこにゃんこ  TopPage  777 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©Rhapsody in WanNyan. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。