Rhapsody in WanNyan

ひょんなことから我が家に来た、マドンナ(ウェルシュ・コーギー・カーディガン)とセイジュウロウ(白猫)、にーにー(白茶猫)の日々徒然です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 夜の生活  TopPage  こて家襲撃大作戦!その2 >>

コメント

家族記念日おめでとうございます♪

実は是非とも会いたい!と思っているセイジュウロウさん♪
元気になって、本当に良かったですね!

数々の王子様っぷり・・・良い感じですねぇ(ニヤリ)

自分も猫さんを飼っていた事がありますが、猫さんの自由さって結構好きです。
うちの場合、夜は必ず自分の布団に入ってきて、朝方布団から出ていく日々を続けていました。
阪神大震災があって以降は、自分の寝室(2F)には寄り付かなくなりましたが(汗)


これからも元気で長生きして欲しいですね♪
出来ればママを狩らないで頂きたいものですが(苦笑)

2年後セイジュウロウさんにも会えるといいなぁ…

2008.11.08   hansuke   編集

お返事です!

>hansukeさん
おかげさまで無事に一年を迎える事ができました(笑)
いやホントに、いざ拾ったら瀕死状態だったのでびっくりでしたもん(^^;
今やこんなに王子ちゃまです。
ネコさんもかわいいですよね♪
わんこと違って遊んではくれませんが、ツンデレ要素満載というかなんというか。
2年後はぜひぜひ!セイちゃんも堪能してくださいませ♪

…って言いつつ、気配を感じた瞬間に逃避行するかも…(滝汗
お客の怖い王子様です(笑)

2008.11.09   とおとうみ   編集

セイちゃん、1年ですか!
ママを狩るほど大きくなって・・・幸せですね~。あとは・・・虫さんとおさらば出来れば完璧ですね(笑)
うちの実家にも居ましたよ、猫。ド田舎で飼われていたのに、ナゼかお嬢様で。布団には自分で出入りしません。人間を起こすんです・・・お食事も金色の猫缶しか食しませんでした・・・でも、可愛かったなぁ・・・
いつかセイちゃんをもふもふしたいなぁ・・・

2008.11.09   W母   編集

せいちゃんを見ると、子供の頃を思い出します。実家の裏の川の土手に、よく子猫が捨てられてたんですよね・・・土手の向こうは山だから捨てに来るのです。家にいると子猫の鳴き声が響いて、姉と気になって仕方がなくって、でも母は飼えない!拾ってきちゃダメっていうし・・・姉と冷蔵庫の牛乳をこっそり持ち出し、橋の下であげたりしてました。でも何日かすると学校に行ってる間にいなくなっちゃうの。ゲージにいるてるわけじゃないから当たり前だけど、子供だから知恵はこんなもんだったのよね。子猫は野良になって生き延びたか、野生動物に襲われたか・・・人に拾われるような場所ではないので、猫たちが過酷な運命をたどったことは間違いないだろう・・・と今考えると思う。
同じ運命になっていたかもしれないせいちゃん。とおとうみさんのような家族に拾われて、暖かい寝床とご飯、時にはウマウマの鮭までもらって幸せになって本当によかった。うちはとおとうみさんにはなれなかった・・・(でもたぶん一度拾ってきたら、きっと我が家は猫屋敷になってしまっていただろう・・・)私が幸せにしてあげれなかった猫たちの分までこれからも元気で幸せにね!せいちゃん♪

2008.11.11   ポン母   編集

はじめまして。
カーディガンを飼っています。
少し前にメールでご挨拶をさせていただいたのですが
届いていないかもしれませんので、改めて自己紹介をさせてください。
4歳になるカーディガン(男の子)リンジーの母です。
どうぞよろしくお願いします。
こてつちゃんのブログでお名前はよく目にさせていただいていました。
先日、うちの子がマドンナちゃんの甥にあたることがわかりました。
マドンナちゃんにはたくさんの親戚さんがいらっしゃると思います。
うちの子もその一人になれて、嬉しいです。

せいちゃんの家族記念日、おめでとうございます。
せいちゃん、瀕死の状態だったんですね。
幸せになって、本当に良かったですね。
ずっとずっと元気でいてほしいですね。

2008.11.12   linchan   編集

お返事!

>ポン母さん
いや、やっぱり野良ちゃんたちは過酷な運命背負ってますよね…
うちのセイちゃんの出身地(?)も半野良状態ですが、それでも切ない事故は絶えないです。
鳴き声が聞こえちゃったら…辛いなあ。。。

どこかで線引きしないといけないんですよね、仔猫を救うのも。
猫屋敷と化しても保護する方達はすごいと思うけど、同時に「私にはできない」と思うのです。
みんな迎えてあげたいけど。。。
ポン母さんのあげた牛乳だって、十分な愛情ですよ。
それでカラスから逃れる体力を得た仔猫だっていたのかも知れませんから!
できるところで頑張る、しかないのだと思うです。
セイちゃんはおうちに迎えた以上、幸せに暮らしてもらいますよー♪(^^)

>linchanさん
はじめまして!
そして大変失礼しました!!!(TT)
えーと詳細はメールにて。あああ。

セイちゃん、こんなにぐうたらな猫ですが(笑)実はそこそこ大変な人生だったりするんですー。
これで回虫が落ちたら、本当に元気になれるんですが…
半年でも一年でも、頑張って元気になりますぞ!(^^)

あ、そこ。持病って言うな(笑)

2008.11.12   とおとうみ   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://tohtoumi12.blog17.fc2.com/tb.php/265-3e0fd9ba


記念日

一年前の、今日。

セイちゃんは我が家に来ました。



朝「もう、とにかくケージ渡すから連れておいで!」って、ダンナにハムスターのケージを渡したのは一年前の朝でした(笑)
今思えば400gのちいちゃいセイちゃんはずっと怯えてて、夜病院へ連れて行ったら極度の便秘で「持って2~3日だった」と言われて。
帰りの足で買ったネコトイレの段ボール箱で、じっとうずくまっていたちいちゃい白猫。

…って、すでに体重は5倍以上。
今やどこでも闊歩してるんですけどー。(笑)
誰だよ「こんなに弱虫だなんて~!いじらしいなんて~!!」って叫んでたヤツは。<お前だ
ビビリは相変わらずですが、まあ元気なものです。

家中のぬいぐるみはことごとくセイちゃんの餌食になり。
その半数以上はことごとく中身(綿)が出てるし。
今やお気に入りの猫じゃらしは数十分で破壊できるし。
トイレの失敗こそしないものの、家中はセイちゃんのネコ砂だらけ。
人を呼ぶ割には触られるのキライという、まさに王子ちゃま(笑)
つい先日から「寝室へ入る許可」をもらっちゃったセイちゃんは、朝晩となく後をついて回ります(^^;
未だ寝室での寝場所を決められないらしく、三男の足元で寝てみて夜中に足が飛んできたり、はたまた私やダンナの足元で寝てみては足に攻撃してみたり(笑)

一年前の夜は、こんな日が来ると想像もしていませんでした。
どーしよー、勢い余って連れて来いー!とか言っちゃったけど、ホントに飼って大丈夫なの???
つか犬も来るんだよね…いくら「大人しい子です」って言われてたからって、本当に大丈夫なのってば!!!((((((((((T▽T;)
というカンジでひとり精神お祭り状態でした(笑)
いやどうにかなったから笑えるんだけど。

来てくれてありがとう、セイちゃん。
未だ回虫駆除とか色々物言いもあるけど(笑)、これからも長生きしてくだされっ。



…あと、マド子を「狩る」のはほどほどに、ね?(T▽T;)
ネコが犬を狩るってどんだけ実写版トムとジェリーよ(笑)
スポンサーサイト

<< 夜の生活  TopPage  こて家襲撃大作戦!その2 >>

コメント

家族記念日おめでとうございます♪

実は是非とも会いたい!と思っているセイジュウロウさん♪
元気になって、本当に良かったですね!

数々の王子様っぷり・・・良い感じですねぇ(ニヤリ)

自分も猫さんを飼っていた事がありますが、猫さんの自由さって結構好きです。
うちの場合、夜は必ず自分の布団に入ってきて、朝方布団から出ていく日々を続けていました。
阪神大震災があって以降は、自分の寝室(2F)には寄り付かなくなりましたが(汗)


これからも元気で長生きして欲しいですね♪
出来ればママを狩らないで頂きたいものですが(苦笑)

2年後セイジュウロウさんにも会えるといいなぁ…

2008.11.08   hansuke   編集

お返事です!

>hansukeさん
おかげさまで無事に一年を迎える事ができました(笑)
いやホントに、いざ拾ったら瀕死状態だったのでびっくりでしたもん(^^;
今やこんなに王子ちゃまです。
ネコさんもかわいいですよね♪
わんこと違って遊んではくれませんが、ツンデレ要素満載というかなんというか。
2年後はぜひぜひ!セイちゃんも堪能してくださいませ♪

…って言いつつ、気配を感じた瞬間に逃避行するかも…(滝汗
お客の怖い王子様です(笑)

2008.11.09   とおとうみ   編集

セイちゃん、1年ですか!
ママを狩るほど大きくなって・・・幸せですね~。あとは・・・虫さんとおさらば出来れば完璧ですね(笑)
うちの実家にも居ましたよ、猫。ド田舎で飼われていたのに、ナゼかお嬢様で。布団には自分で出入りしません。人間を起こすんです・・・お食事も金色の猫缶しか食しませんでした・・・でも、可愛かったなぁ・・・
いつかセイちゃんをもふもふしたいなぁ・・・

2008.11.09   W母   編集

せいちゃんを見ると、子供の頃を思い出します。実家の裏の川の土手に、よく子猫が捨てられてたんですよね・・・土手の向こうは山だから捨てに来るのです。家にいると子猫の鳴き声が響いて、姉と気になって仕方がなくって、でも母は飼えない!拾ってきちゃダメっていうし・・・姉と冷蔵庫の牛乳をこっそり持ち出し、橋の下であげたりしてました。でも何日かすると学校に行ってる間にいなくなっちゃうの。ゲージにいるてるわけじゃないから当たり前だけど、子供だから知恵はこんなもんだったのよね。子猫は野良になって生き延びたか、野生動物に襲われたか・・・人に拾われるような場所ではないので、猫たちが過酷な運命をたどったことは間違いないだろう・・・と今考えると思う。
同じ運命になっていたかもしれないせいちゃん。とおとうみさんのような家族に拾われて、暖かい寝床とご飯、時にはウマウマの鮭までもらって幸せになって本当によかった。うちはとおとうみさんにはなれなかった・・・(でもたぶん一度拾ってきたら、きっと我が家は猫屋敷になってしまっていただろう・・・)私が幸せにしてあげれなかった猫たちの分までこれからも元気で幸せにね!せいちゃん♪

2008.11.11   ポン母   編集

はじめまして。
カーディガンを飼っています。
少し前にメールでご挨拶をさせていただいたのですが
届いていないかもしれませんので、改めて自己紹介をさせてください。
4歳になるカーディガン(男の子)リンジーの母です。
どうぞよろしくお願いします。
こてつちゃんのブログでお名前はよく目にさせていただいていました。
先日、うちの子がマドンナちゃんの甥にあたることがわかりました。
マドンナちゃんにはたくさんの親戚さんがいらっしゃると思います。
うちの子もその一人になれて、嬉しいです。

せいちゃんの家族記念日、おめでとうございます。
せいちゃん、瀕死の状態だったんですね。
幸せになって、本当に良かったですね。
ずっとずっと元気でいてほしいですね。

2008.11.12   linchan   編集

お返事!

>ポン母さん
いや、やっぱり野良ちゃんたちは過酷な運命背負ってますよね…
うちのセイちゃんの出身地(?)も半野良状態ですが、それでも切ない事故は絶えないです。
鳴き声が聞こえちゃったら…辛いなあ。。。

どこかで線引きしないといけないんですよね、仔猫を救うのも。
猫屋敷と化しても保護する方達はすごいと思うけど、同時に「私にはできない」と思うのです。
みんな迎えてあげたいけど。。。
ポン母さんのあげた牛乳だって、十分な愛情ですよ。
それでカラスから逃れる体力を得た仔猫だっていたのかも知れませんから!
できるところで頑張る、しかないのだと思うです。
セイちゃんはおうちに迎えた以上、幸せに暮らしてもらいますよー♪(^^)

>linchanさん
はじめまして!
そして大変失礼しました!!!(TT)
えーと詳細はメールにて。あああ。

セイちゃん、こんなにぐうたらな猫ですが(笑)実はそこそこ大変な人生だったりするんですー。
これで回虫が落ちたら、本当に元気になれるんですが…
半年でも一年でも、頑張って元気になりますぞ!(^^)

あ、そこ。持病って言うな(笑)

2008.11.12   とおとうみ   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://tohtoumi12.blog17.fc2.com/tb.php/265-3e0fd9ba




Copyright ©Rhapsody in WanNyan. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。